本文へスキップ

標準宮田教室は松阪市、津市を拠点とした難関中学校入試(高田、ラ・サール、西大和、東大寺など)を専門とする進学塾です。

津校:三重県津市広明町345-5三浴ビル3F Tel.(059)246-5336


松阪校:三重県松阪市大黒田町479-1 Tel.(0598)26-0860

2014年度合格体験記

少人数ですが、キラリと光ります!

Aさん(生徒)

私は、入塾したころ皆についていけるか不安でした。特に算数が得意ではなく、点数もあまりよくありませんでした。でも、先生たちは細かく丁寧に教えて下さいました。私も家での勉強では算数に時間をかけました。そして今では算数が得意科目になっています。難しい問題が解けて、先生にほめられることがとても嬉しかったです。

この塾に入っていなければ今の自分はなかったと思いますし、このような成績を残せなかったと思います。中学校に行っても頑張ります。ここまで伸ばして下さった宮田先生、ありがとうございました。

(先生から)
 静かさの中に凛とした強さを持つ君は、とても素直によく努力したね!!

Bさん(生徒)

僕が最初、到底入れないと思っていた高田中学校に入ることができたのは宮田先生や他の先生たちのおかげと強く思っています。宮田先生の言われたことをちゃんとしていれば絶対に力はついてきたからです。

僕はこの受験を通して、粘ることやあきらめないことを覚えました。あきらめたら最後、そこでなにもかも終わりになってしまうからです。ねばって、ねばって、宮田先生の言われたことをやってきたからこの結果がつかめたのだと思いました。ここまで丁寧に教えてくれる塾は他にはないと思いました。

(先生から)
まだ幼さの残る君は注意されるとすぐに修正。素直に反省し、見事に着地!!


Cさん(生徒)

僕を見放さず、後から常に追っかけてくれた宮田先生たちとの絆は僕の宝物になりました。塾では勇気づけられる仲間がいて、お弁当作りや送り迎えをしてくれた両親は、僕の大きな支えになりました。自分の為に多くの知識を身につけ、目標に向かって努力する事は僕自身の力となり、これから生きていく上でとても大切なものになりました。

僕が未来へ羽ばたく為にこの時間があったんだ、今ならそう思えます。僕はこの目に見えない沢山の宝物を持って、自分の足で未来へ行くことができます。僕が自分らしくいられて、後から結果がついてくるように常に見守ってくれた、太陽みたいに明るい宮田先生に出会えたことに感謝しています。僕が過ごした時間に無駄はない。

(先生から)
少し不器用に見える君はまっすぐ前を見据え私に素直でよくふんばった!!

Dさん(保護者)

娘が受験を決めたのは5年生でした。人見知りで、口数も少ない娘ですので、大手塾よりも先生が一人一人を見て下さる塾がいいかと思い、宮田教室を訪ねました。初めてお会いする宮田先生は、私の不安や娘の性格などゆっくり話を聞いてくださいました。

また、先生が「中学受験がゴールでないこと、その先が大切で、この経験を生かして自分で学び続けること」を話されました。絶対この塾に娘を入れたいと思い、娘を説得しました。娘は多い宿題に閉口しながらも、毎日コツコツ計画を立て学習していきました。先生に「頑張ったね」と言ってもらうのが何よりの励みだったそうです。

自分で計画を立てて学習していくことを先生に身につけていただいたことは、これからの娘の大切な糧になることと思います。

Eさん(保護者)

「お母さんのお弁当が食べたいから受験勉強をしたい」。息子がそう言い出したのは、もう5年生になろうとする頃でした。もう遅いのでは?と思いましたが、知人に宮田塾を紹介してもらい入塾させて頂くことになりました。初めての中学受験で不安な事ばかりでした。初めの頃はペースがつかめず、親も子も焦る日々が続きましたが、徐々にペースをつかみ勉強も軌道に乗ってきました。

6年生になってからは、志望校を決めての取り組みになりました。学校から帰るとお弁当を持ちすぐに塾に行くという1年になりましたが、一度も休みたいという事も無く通塾しました。良い仲間にも恵まれて、塾へ行くのがとても楽しみな毎日でした。

中学受験は一生に一度きりのチャンスです。三重県に居ては受けられなかったであろう数々の学校を受験する事ができ、とても貴重な体験をさせて頂く事ができました。がんばった自分に自信を持ち、先生方に教えて頂いた事を胸に新しい生活を楽しんで、6年後の大学受験へと繋げていってもらいたいです。

Fさん(保護者)

「なんでこんなに勉強しなくちゃいけないの?」
毎週のテストの予習が追い付かずに常に宿題に追われる毎日の中、何度となく息子から投げかけられた質問だった。
将来の為、自分の為と悟してもまだ低学年だった息子にはピンとこない答えだった。

親として中学で受験の道を選んだのは、努力する事の楽しさを知り、将来自分の力で生き抜いていける力を身につけさせたかったから。息子が志望校に合格した今なら、息子が問い続けてきた答えが彼自身の中にあることがわかる。
苦しい時に努力できた経験は彼を成長させ、努力した結果は決して裏切らず後からついてくることを学んだ。
彼の経験した時間に無駄はひとつもなかったという言葉で、親として心が少し軽くなった。

宮田先生には上の娘と、息子の二人がお世話になりました。彼らの人生においてとても大切な岐路に、宮田先生がいてくれたことに感謝しています。そして苦しい時に乗り越えられる勇気を与え、他人と比べず学ぶことができる仲間たちがいてくれたことに感謝しています。

Gさん(保護者)

宮田先生に初めてお会いし、お話を伺った時、「この先生なら必ず息子の希望する学校に入れてくれる!」と思い、早速お世話になることにしました。入塾当初は授業が進んでいたこともあって、ついて行けるか不安もありましたが、先生は子どもの習熟度や性格までも考えてご指導して下さったので、授業にも慣れ楽しく通うことができました。

ただ、家での学習はなかなか集中してすることができず、このままでは結果に繋がらないのではと親の私の方が不安になった時も、的確なアドバイスをくださり励ましていただいたおかげで乗り越えることができました。
宮田先生をはじめ、諸先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。宮田教室で学んだ多くのことを忘れず、今後も取り組んでいってほしいと思います。

Hさん(保護者)

息子は4年生の11月からの入塾でした。宮田先生の呪文「一日4時間は当然よね」を守り、下校後すぐに机に向かう毎日に。いつ音を上げるかずっとずっと不安でした。それまで遊んでばかりの生活が一転、”もうやめよう””こんなに頑張っても報われなかったら・・・”でも「頑張る!挑戦したい!」と言った息子を信じたい。葛藤の連続でした。

そんな親の心配をよそに塾後は「宮田先生の授業が面白い」と鉛筆・ノートで擦れて真っ黒な手を誇らしげにいい笑顔を見せる我が子。そして先生はいつも「大丈夫よ、同じ合格でも余裕を持って入りたいもんね」と元気づけて下さいました。

宮田先生を信じてついていって良かった!高望みすぎる難関校、そして第一志望校合格の通知を頂けた時は心からそう思いました。たった2年2ヶ月で受験直前には「ワクワクしてきた!早く受験が来てほしい」とまで言える強い、そして粘れる人間。最後の1秒まで諦めない人間に育て上げて下さった宮田先生には、ただただ感謝の気持ちで一杯です。

Iさん(保護者)

「夏休み以降3ヶ月で鉛筆2ダース、ラスト1ヶ月でシャーペンの芯60本!」
これは息子が消費した鉛筆とシャーペンの芯の数です。4年生ぐらいまでは宮田先生に「手が真っ黒になっていない!」と、よく叱られていましたが、6年生になってからはとにかく書いて書いて、書きまくって勉強していました。
ノートは文字でびっしり埋まり、紙が反り返る程でした。ひたすらコツコツと努力し続け、先生が2回やりなさいと言ったら3回、3回やりなさいと言ったら4回復習していました。思うような結果がなかなか出ず、本人もかなりイライラしているときもありました。

それでも親に言われなくても自分から机に向かい、先生に出された課題を一つ一つこなしていきました。自分なりの勉強のスタイルを確立し、自分の立てた目標に向かって頑張ることの大切さを知ることが出来た事は、志望校に合格できた事以上に今後の息子にとってプラスになると思っています。息子をそこまで導き、成長させて下さった宮田先生をはじめ諸先生方に、こころから感謝申し上げます。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

Jさん(保護者)

この私立中学校受験を終えて、宮田教室での2年間は、息子にとっても、私たち両親にとっても苦しい時もありましたが最高の充実した日々でした。私は以前宮田教室に入塾していて、中学受験に成功された知り合いの方から、宮田先生の事を中学受験に対する根本的なご指導が大変素晴らしいとお聞きしていましたので、塾に通わせるなら宮田教室にと決めていました。

小学5年生になった春の4月からと、他の生徒さんよりかなり遅いスタートとなり、もう少し早く、せめて4年生位から行かせていたらと思いました。
宮田先生の時には厳しく楽しい授業のお陰で、息子も受験に対する意識が高まり、特に6年生の夏期・冬期の休みに猛勉強していました。その結果、学力を最大限に伸ばして頂き、高田中学校合格の夢を叶えて下さいました。宮田先生との出会いが無ければ、この合格は勝ち取れなかったと確信しています。

宮田教室で楽しかった事

・分からなかったことが、勉強をしていくうちにだんだん分かるようになってきたこと。

・春、偕楽公園にみんなでお花見に行ったこと。

・お弁当の時間。

宮田先生から

全国で競った君達は、突き刺さる緊張感の中で自分を信じ戦った。

その目には、6年後勝利をおさめるための何かが見えたはず。それを日々あたためVに向かって進もう!!

6年後の朗報を待つよ。

バナースペース

標準宮田教室

【松阪校】

〒515-0063

三重県松阪市大黒田町479-1

TEL (0598)26-0860

FAX (0598)26-0863


【津校】

〒514-0006

津市広明町345-5三浴ビル3F

TEL (059)246-5336

FAX (059)246-5336

Twitter

 

PDF表示ソフト
 adobe readerダウンロード