本文へスキップ

標準宮田教室は松阪市、津市を拠点とした難関中学校入試(高田、ラ・サール、西大和、東大寺など)を専門とする進学塾です。

津校:三重県津市広明町345-5三浴ビル3F Tel.(059)246-5336


松阪校:三重県松阪市大黒田町479-1 Tel.(0598)26-0860

2018年度合格体験記


〜泣き虫集団 最後は笑う〜

Aさん(生徒) 豊島岡、洛南、西大和、高田中学校

私が標準宮田教室に入塾したのは、一年生の四月でした。入塾したきっかけは、高校生クイズの決勝に残れる学校に進学したいと思ったことです。塾での六年間は本当に色々なことがありました。特別クラスの仲間達は楽しい子ばかりで、必要以上に笑いの絶えないクラスでした。楽しすぎてハメを外して色々なトラブルが起こったのも今ではとてもいい思い出です。

私が今回難関校に合格することができたのは、六年間ずっと私に寄りそい、教え導いてくれた先生方のお陰です。これまで本当にありがとうございました。

Bさん(生徒) 灘、西大和、ラ・サール学園、高田中学校

ぼくは、一年生の時に塾に入りました。はじめは友達と同じ中学校に行きたいという理由で入りました。一年生から五年生までは、漢字もあまり書かなくてテストもまぁまぁで勉強時間も少なく、勉強時間が長くなったのは六年生になってからでした。六年生になってからはテストの点も順位表にいつものるようになりました。

受験では最後に先生が注意することも教えてくれました。受験勉強は大変だけど、難しい学校の難しい問題で分からなかった所を教えてもらって、その問題がきちんと理解することができた授業は楽しく、合格したことを聞いたときはとても嬉しかったです。

Cさん(生徒) 西大和、ラ・サール学園、高田、海陽中学校

通い始めた頃は成績は伸びなやんで困っていました。しかし宮田先生が励ましてくださったおかげで勉強する楽しさを知ることができました。6年の頃は宮田先生に「泣き虫集団」「反抗集団」と呼ばれるほど素直に先生の言うことを受け止めきれておらず、不安で涙を流したときもありました。でも一生懸命に励まし続けてくださり、解けない問題を丁寧に向き合って教えてくれた宮田先生に感謝しています。

宮田塾に通ったことで「精神一到何事も成らざらん」ということや、素直に受け止め信じてついていくことが、これから人生の岐路に立ったときに大切だということを思い知らせてくれました。これまで五年間支えてくださった宮田先生や他に教えて下さった先生、本当にありがとうございました。

Dさん(生徒) 西大和、高田、海陽、鈴鹿中学校

ぼくが入塾したのは、5年生の夏からでした。そんな短い期間の中で、ぼくを県内の中学校だけではなく、県外の中学校までも合格へ引っぱっていただき、本当にありがとうございました。

宮田先生はぼくに「努力」ということを教えてくださいました。努力をすることで、本当の勉強の楽しさを知ることができました。これもすべて宮田先生のおかげです。

Eさん(生徒) 青山学院、高田中学校

中学校受験の厳しさと勉強の楽しさに気付けたのは5年生後半で、それまではゲームざんまいでした。そこで心を入れ換え勉強にはげみ、Hさんを見習ってがんばり、Nクラスに入ることができました。出された教材は必ずやりこなしたり、友達同士で問題を出し合い切磋琢磨をし、築き上げてきました。

国語に苦手意識がありましたが、宮田先生に文章の拾い方や答え方も教えてもらい、克服することができました。

Fさん(保護者) 西大和、ラ・サール学園、高田、海陽中学校

第一志望校の受験が終わり、暗い夜道を駅まで下る途中息子に聞きました。「この道をまた通ることがあるのかな」と。涙を流しながら「ない」と答えました。

6年生になり親として実行していたことが二つあります。一つは、宮田先生に言われた「家では教えないで下さい。せいぜい社会の暗記のチェックにして下さい。」もう一つは、ある教育書に書かれていた「親が勉強しなさいと言えば、偏差値は1下がる。」と言う事です。これを実行しました。

家庭での勉強不足で、第一志望校には届かないと思っていました。しかし宮田先生は、息子の弱点を分析し、最後の最後まで指導、激励して下さいました。家庭ではほとんど放置の状態でしたが、信頼できる塾に預けるのなら親は余計なことをしないを実感しました。宮田先生、塾の先生方本当にありがとうございました。

Gさん(保護者) 豊島岡、洛南、西大和、高田中学校

娘が塾に入ったのは小学1年生、入学と同時でした。1年生から塾なんて・・・と反対する父親に「絶対に6年間頑張りとおす!」とまだ6歳だった娘が宣言し、そこまで言うなら・・・と根負けしての入塾でした。

その言葉通り、娘は6年間頑張り抜きました。6年生になった時、先生に「この一年間は生活面とプリント整理だけしますので、あとはよろしくお願いします」と完全に丸投げし、勉強への手出し口出しを一切やめ、娘のサポートに徹しました。送迎の時、娘の口から出る言葉をきき、不安になったこともありましたが、今考えると何も心配することもなく、吐きだすことで整理し、一歩一歩進んでいたんだ、ということが分かります。

田舎の小さな塾から志望難関中学の合格を手にしたことで、娘はここでも充分やれる、というゆるぎない自信を得ました。6年間、娘によりそい、見守り、叱り、はげまし、共に歩んでいただいた先生方に感謝します。本当にありがとうございました。

Hさん(保護者) 灘、西大和、ラ・サール学園、高田中学校

6年間ありがとうございました。塾の事をまだ考えていなかった6年前、息子から「塾に行きたい」と言われ、戸惑い悩みながら「宿題は必ず終わらせる事」と約束し、通うことになりましたが案の定読み書きがほとんど出来ていないので苦戦し、なかなか宿題に取り組まない事もありましたが「やめる?」との問いには即答で「やめたくない!塾楽しいから」と泣きそうに答えを返した事もありました。

「塾の先生なら理科、社会、算数、国語の疑問に答えてくれるし、知らない問題や難しい問題も教えてくれて楽しい」と楽しんで通塾していましたが、相変わらず宿題や自宅での学習に取り組むまでが長く、あまり言い続けてもいけないけれど言わずにはいられない日々でしたが、なんとか自覚を持ち勉強に取り組むようになりました。

もっと早く、その気持ちを持ってくれていたらと思うところもありますが、先生方にはもっとあった事だろうと・・・こんな息子にご指導いただきありがとうございました。

Iさん(保護者) 西大和、ラ・サール学園、高田、海陽中学校

息子が宮田塾にお世話になったのは、小学2年生の頃からでした。少人数制で手厚く御指導頂けるところで、又よきライバルが見つけられるところをと思い、宮田塾を選びました。

正直、前思春期の子どもの受験は大変なものがあります。その様な時期にある息子を、わが子の様に厳しくも愛情ある御指導で成長を見守り、合格へ導いて下さいました。最大の志望校受験のときには、不安と緊張で押しつぶされそうになったとき「一緒に受けている皆の力をかりて精一杯頑張った」と振り返り、しっかりした目と口調で話をしてくれたときには、最後まで諦めず、粘り強く頑張ったのだと思い、胸がいっぱいになりました。

宮田先生をはじめ、諸先生方と出会え、共に頑張る仲間たちに支えられた息子の人生は大きく違うと心から思います。5年間お世話になり、本当に有難うございました。

Jさん(保護者) 清風(理V)、高田、海陽中学校

姉が宮田教室を卒業する間近になって「次はぼくの番だね」と当然のように言われ、息子もそのまま入塾させて頂くことになりました。低学年の間はどちらかと言うと勉強よりも遊んでいたいし、楽な方楽な方に逃げていく息子でしたが、高学年になる頃には「ぼく学校よりも塾の方が楽しい!毎日塾ならいいのに」と言って私を驚かさせました。

6年生になって苦しく辛い受験生活を想像していた親の心配をよそに、息子は長時間の授業にも関わらずお迎えに行くと「今日も楽しかった!」と車に乗り込んで来ました。また、難問が解けずに「今日は塾で悔しくて泣いた」と話していた姿も今ではいい思い出です。

ごく普通の息子に多大なる叱咤激励を頂き、志望校合格にまで育て上げて下さった宮田先生に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。また丁寧な授業で子どものやる気にスイッチを入れて下さった諸先生方、仲よくして下さった教室のお友達にもこの場をおかりしてお礼申し上げます。

Kさん(保護者) 鈴鹿、セントヨゼフ女子学園中学校

子どもが4年生の時、宮田教室の広告を見て、探していた塾だ!!と思い面談を申し込みました。その時に宮田先生の力強い言葉でお願いしようと思いました。入塾テストを何とかクリアし通い始めました。

当初は子どもにとってかなり難しいレベルで大丈夫かな?と心配でしたが、一度も行きたくないと言うことはなく「難しいけど楽しい!!宮田先生厳しいけど楽しい!!」「宮田教室知っていたら1年の時から行きたかった!!」と言って3年間お世話になりました。私自身は仕事が忙しくお弁当作りと送迎だけで勉強面は全て先生にお願いしている状態でした。

自学の仕方を身につけ塾でみっちりお世話になった結果、考えていた志望校よりも上の中学の受験、合格となりました。子どもにとっても良い経験となった3年間でした。中学に行っても宮田教室で教えて頂いた自学で頑張ると子どもが嬉しそうに言っている顔を見ると宮田先生に出会えて本当に良かったと思います。本当にありがとうございました。

Lさん(保護者) 青山学院、高田中学校

のんびりした性格で、どちらかと云えば勉強が苦手だった息子。受験では苦労するのではと、内心不安がありました。しかし、6年生になり津教室へ通うようになった頃、突然泣いて「Nクラスに入りたいんだ」「Nクラスの子ばかりどんどん賢くなって置いていかれちゃう」と訴えるようになりました。その息子の様子にとても驚き、また、もうこの子は自分の力で頑張っていけるなと安心しました。

その後はコツコツと予習復習に取り組み、少しずつ成績を伸ばして、念願のNクラスに入ることができました。努力すれば結果がついてくるというシンプルな成功体験を一つずつ積み重ねていく。その大切さをこの年齢で学び得たことは、息子にとって生涯の財産となりました。

宮田先生のことを信じ、ひたむきに勉強に打ち込む様子を見ていると、本当によい塾に巡りあえたなという思いでいっぱいです。

Mさん(保護者) 高田、海陽、鈴鹿中学校

息子は、小学3年生の10月から宮田教室でお世話になりました。他塾の体験等もいくつか行かせたのですが、入塾説明会で宮田先生とお話しさせて頂いて、宮田先生のお人柄にひかれ、宮田教室に息子をお願いする事にしました。

それから息子は塾がとても気に入り、塾のある日は喜んで通っておりました。学年が上がるにつれて勉強する量も増え、大変そうにみえましたが、それでも1度も弱音を吐く事も、辞めたいと言う事もありませんでした。宮田先生には勉強以外にも息子にとってこれからの人生を歩んでいくうえで、大切な様々な事を教えて頂きました。

第1志望の合格通知を受け取り、両手を上げて喜ぶ息子を見て、宮田教室で学ばせて頂けて、本当に良かったと心から思いました。息子は、中学に入っても宮田教室に通いたいと言う程宮田教室が好きで、卒業するのは寂しそうですが今後も目標に向かって走り続けていってほしいと思います。宮田先生、諸先生方、本当にありがとうございました。

Nさん(保護者) 鈴鹿、三重中学校

私には忘れられない宮田先生の言葉があります。息子が入塾したのは4年生の夏。きっと全く解けなかったであろう入塾テストが終わった帰りの車で「僕、あの先生好きや。あの先生の塾なら行きたい」と。宮田先生の温かさを感じたそうです。

入塾当初、今まで経験した事もない難しい問題と量。私は必死で、早く皆に追い付かなければと夜も遅くまで、朝も早く起きて息子と2人で勉強しました。しかし、息子はなかなか理解出来ず、それでも厳しい言葉を掛け、泣きながら2人で頑張りました。そんな日々が続き、もう息子も私も疲れ果て、やっぱりもう無理かな・・・と思い始めた時の懇談で、先生に正直にお話しました。すると「お母さんは家でしなくていい。ただ塾に連れて来るだけでいい。ここに来たら私が見るから。任せなさい」と。どんなに救われたことか・・・。あぁ、宮田先生でよかった。素晴らしい先生と出会えた事に感謝です。

そして第一志望の中学に合格させていただき、息子は諦めずに努力すれば夢は叶えられるという事を学びました。合格通知を見て涙を流して喜んだ息子。その気持ちをこれからも忘れないで、色々な事に挑戦してほしいです。本当にありがとうございました。

Oさん(保護者) 西大和、高田、海陽、鈴鹿中学校

どうしても高田中学に行かせてあげたいと思い、他の塾生より少し遅めの入塾でしたが、宮田先生にお世話になろうと決心しました。先生方の熱心な指導が息子にも伝わり、まじめに努力しつづけてくれました。県内でも充分だと思っておりましたが、県外の中学校まで導いて下さり、感謝します。短い間でしたが貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

Pさん(保護者) 青山学院、高田中学校

低学年の頃から上の学年の授業を垣間見ていた為か、6年生になると自然にゲームやTV漬けの生活から離れ、生活の中心は塾となりました。塾から帰ってくると、宮田先生はこんな話をしてくれた、今日はこんな事を学んだと、とても嬉しそうに話してくれるようになり、それを聞くのが私の楽しみでもありました。

受験当日、早く着き集合場所を間違えて待っていた時、不安そうな表情を浮かべていた息子。宮田先生の姿を見つけて駆け寄る安心した様子は、忘れられない光景です。勉強の楽しさを教えてくれた宮田先生には、親子共々感謝の気持ちでいっぱいです。

Qさん(保護者) 鈴鹿、セントヨゼフ学園中学校

入塾するまでの娘は、学校の宿題も適当に済ましてしまう程大雑把でした。入塾してからもなかなかエンジンがかからず、親としては焦るばかりでしたが、6年生になり、宮田先生に面談していただいた後、突然スイッチが入り今までとは見違える程勉強するようになりました。

「もっと前からこんな風に勉強しておけばよかった」という言葉が娘の口から出た時は嬉しくも思えました。宮田先生は最後の最後まで最善を尽くしてくださり感謝しかありません。宮田先生でなければ娘もこのように頑張れなかったと思いますし、先生の引っ張ってくださる手綱に必死にしがみついていったこの経験は娘の一生の糧となったことは間違いありません。

勉強する習慣も身についたと思うので、この先中学生、高校生と進んでいっても持続していって欲しいと願うばかりです。宮田先生をはじめ先生方本当にお世話になり有難うございました。

バナースペース

標準宮田教室

【松阪校】

〒515-0063

三重県松阪市大黒田町479-1

TEL (0598)26-0860

FAX (0598)26-0863


【津校】

〒514-0006

津市広明町345-5三浴ビル3F

TEL (059)246-5336

FAX (059)246-5336

Twitter

 

PDF表示ソフト
 adobe readerダウンロード